経歴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

氏名:武者 圭(むしゃ けい)
生年月日:1965年9月4日
出身地:東京都
所属:UDNJ(Universal Design Network Japan)
役職:事務局総務担当
専門分野:サウンドスケープ、音楽美学
所属学会:日本音楽学学会、日本福祉のまちづくり学会

大学生のときから視覚障害者としてサウンドスケープを研究し、まちなかの音環境への提案、公共施設の誘導サイン音のデザインなどを行っている。また、軽度呼吸不全や骨生育不全など複数の重複障害をもつ経験から、幅広い観点でバリアフリーやユニバーサルデザインについての提案や助言を行っている。

社会福祉法人視覚障害者支援総合センターで講師として、日本語・英語・ドイツ語・フランス語・イタリア語・楽譜の分野で点訳ボランティアの養成に携わる。同時にボランティア活動として、パソコン通信で知り合った点訳ボランティアの人々と連携し、点訳校正を行う。点訳ネットワーク「麦」等で主に専門書や触図を手がけ、今日に至っている。

    ■略歴

  • 1995年3月
    私立国立音楽大学大学院(音楽学専攻)修了

  • 1994年7月から1997年12月まで
    社会福祉法人視覚障害者支援総合センターで点訳者養成講座講師

  • 1998年9月
    プロップ・ステーション主催の翻訳家養成講座終了

  • 2002年5月
    UDNJ(Universal Design Network Japan)事務局員

  • 2003年4月より2004年3月まで

    ドコモ「ハーティスタイル」

    の実践化にアドバイザー・デザイナーとして参加
    (2008年、内閣府

    「バリアフリー化推進者表彰」

    内閣総理大臣賞受賞)

  • 2003年6月より11月まで

    メルパルク熊本の館内音サイン設計

  • 2004年4月より2007年8月まで
    立教大学兼任講師

  • 2007年1月より6月まで

    「江東区やさしいまちの誘導システム」

    の音サイン設計

    2008年度SDA賞

    入選)

  • 2007年8月から2009年2月まで
    社会福祉法人視覚障害者支援総合センターで点訳ボランティア講師

  • 2008年2月から
    京王電鉄で視覚障害者用音サイン設置アドバイザー

  • 2008年4月から

    NPO法人 ハーモニー・アイ

    でスペシャルアドバイザー(2017年4月いっぱいで退会)

  • 2009年8月から2013年9月まで
    日本福祉のまちづくり学会、情報障害特別研究委員会 委員

  • 2011年11月から2013年10月まで
    音案内 JIS 原案作成委員会委員
    (2014年5月20日、

    日本工業規格「高齢者・障害者配慮設計指針-公共空間に設置する移動支援用音案内」(JIS T0902)

    制定)

  • 2012年9月から2013年12月まで
    一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)デザイン委員会アドバイザー
    (2013年12月13日、特定非営利活動法人人間中心設計推進機構(HCD)開催のHCD研究発表会にて共同研究

    「空間設計におけるサウンドスケープデザインのチェックリスト開発」

    が優秀講演賞受賞)

  • 2013年10月から
    日本福祉のまちづくり学会、身体と空間特別委員会 委員

  • 2017年5月から2018年3月まで
    成田空港ユニバーサルデザイン推進委員会 基本計画策定分科会委員

  • 2017年10月から2018年4月まで
    新国立競技場整備事業の施工期間ユニバーサルデザインワークショップに参加

  • 2018年4月から2020年3月まで
    成田空港ユニバーサルデザイン推進委員会 UD取り組み別ミーティングに参加